マタニティフォトは特別な一瞬、ファミリーフォトは…

沖縄に続いて奄美でも梅雨明けしたそうですね。
東京はいつも海の日あたりで明けるので、まだまだですね(^_^;)
蒸し暑い毎日ですが、こまめに水分補給して元気に乗り切りましょう!
 
今月もマタニティフォトを撮影されたママから
ベビーフォトやファミリーフォトのお申し込みが続々きてます♪
お子さんのお誕生日に毎年恒例のイベントとして楽しみにしていてくださる方も!
スタジオ冥利に尽きます。
 
ギフト券をお買い求めの皆さんも、
ご不明点などいつでもお問い合わせくださいませ。
 
マタニティフォトギフト券のご案内はこちら
 
このギフト券はマタニティフォトだけでなく、
ベビーフォトやファミリーフォトでもご利用いただけます。
お友達や同僚の方のお祝いにどうぞ♪
 
ベビーフォトやファミリーフォトは、ママのヘアメイクをお付けするかどうか
選んでいただく点もマタニティフォトとの違いですが、
やはり衣装をご用意いただく点も大きく違いますね。
 
撮影当日のご両親やお子さんの服装についてのご質問が
これまで寄せられたお問い合わせのなかでも断トツです。
 
赤ちゃんには何を着せてあげたらいいのか、
パパとママはどんな服装で撮影したらいいのか…
「皆さん、どんなお洋服で撮ってますか?」
…気になりますよね。
 
参考までに、これまでベビーフォトの撮影にいらしたお客さまの
お洋服のパターンを、ざっくりとですが書いてみますね。
 
・パパとママのお洋服がラフな普段着で特にコーディネートなし
(Tシャツにデニム、ポロシャツ、ニット…etc)
 
・カラフルなワンピースやチュニックブラウスのママ
 
・白シャツで揃えたご家族
 
・上下黒っぽいカジュアルスタイル
(普段おうちで一緒に遊んでいるときのイメージ)
 
・モノクロを意識しすぎず柄物のシャツで…
 
ちなみに、写真家の小町さんに聞いてみたところ、
小さなお子さんや赤ちゃんの場合、お洋服の面積も小さいので、
どのような色味や柄でも写真のバランスは良いとのことです。
 
ロンパースも赤ちゃんの時期だけのものなので
可愛らしくておすすめだそうです。
 
マタニティフォトは、お腹に命を宿した特別な時期の作品ですが、
ベビーフォトやファミリーフォトは日常の一瞬を切り取り、いつまでも作品に残す…
その子の特徴、個性を自然体でアーティスティックに撮影いたします。
 
「こんな笑い方してたなあ」
「こんな仕草してたなあ」
子育て当時は悩まされた出来事や癖も、数年後には懐かしくて、かけがえのない思い出です。
 
ハーフバースデイやイヤーバースデイの節目に、
または何気ないお出かけの日程にあわせて、
ご家族皆さんでいつでも遊びにいらしてください♪
 
HPのフォトギャラリーも参考になれば嬉しいです(*^_^*)
 
マタニティフォトから始まるファミリーフォト・ヒストリーフォトギャラリーはこちら
 
スクリーンショット 2016-06-20 16.27.08