Blog

オーラの話

Date:2010.07.19
Category:スタジオモーツァルトブログ

写真家の小町剛廣です。

昨日は妊娠中にあるオーラの話を書きました。
もっと書いてほしいといわれたので、
もう少し書きます。

まず妊娠するとすぐオーラを発するようです。
ただこのオーラは大人にはなかなか,分かりづらいようです。

子供とか、ペットには見えるそうです。
もし二人目を妊娠された場合、
上の子が気付くような事はしばしあるようです。

そのとき、子供はオーラが見えているとおもって
間違えないと思います。

新しい生命の発信です。

妊娠して妊婦さんが情緒不安定になったり、
気持ちが落ち着かないのも
お腹の中にいる子供が

お腹の中での成長オーラを発している事が
多いみたいです。

ですから、妊娠してイライラする事が増えても
それは、お腹のなかの子供と自分と二人が共存しているので
仕方ない事です。

また女性ホルモンのバランスが崩れるのも、
そのせいです。

なるべく、深く考えたり、何か(旦那さん)とかに
あたりすぎないように・・・・・
(多少は良いと思います)

何か情緒不安定ぎみな時はお腹の中の子が
オーラを出しているんだ位に受け止めても良いのでは・・・・

そして前回私が書いた28週くらいから臨月までの
間のオーラですが、
これはお腹の中での成長も後わずかになり、

世に具体的にオーラを発信します。
このオーラは大人でもわかります。

色でいうと赤い色、オレンジ系の色です。

二日前の撮影では妊婦さんを三人撮影しましたが
三人ともオーラを発していました。

またオーラが二重になっているときもあります
これは母親、子供の二つのオーラがしっかりでてくるときです。

オーラがでているときは当然顔も、すばらしく
美しいです

本当はメイクさんがメイクしなくても
(なんていったらメイクさんに怒られますが・・)

今日も長々書いてしまいましたが、
私が思うマタニティフォトはお腹の大きい
写真を撮るだけではありません。

女性にしかできない神々しい妊娠時における
美しい女性の表情をも、シャッター越しに切り取る事だと
考えております。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとう
何か聞きたい事がありましtら、
モーツァルトさんのメールに
何でも書き込んで下さい。

なるべく早めに返信いたします。

小町剛廣

ページの先頭へ