Column

命のブルース

Date:2015.11.27
Category:フォトコラム

こんにちは
写真家の小町剛廣です。
今日はマタニティフォトとは違うテーマですが・・・

先週の火曜日から頭の中でとあるフレーズがずーとリピートされています。

アウトプットしないと整理がつかないのではと思い、、、
ブログで書かせて頂きます。。
忙しい人は適当に流してくれて頂いて構いませんので・・・

先週の火曜日,ブルーノート東京で八代亜紀さんを見てきました。
八代亜紀さんというと演歌というイメージが強いと思われますが
数年前にやはりブルーノート東京でjazzでの八代亜紀ライブを行っており
めちゃくちゃ行きたかったのですが,スケジュールがあわず、今回はすごい楽しみにしてました。

ブルースを歌う八代亜紀さんてどんなだろう??
英語の八代亜紀さんてどんなだろう??と
勝手にイメージを作りながら開演を待ちました。。

(ちなみに私はブルーノートではいつも日本酒を飲んでいます。。)←美味しいです!!

演奏が始まり、八代さんが出て来た瞬間にステージの空気が、温度が、色合いが変わりました。
全てが八代ワールドに瞬時につつまれました。
八代さんの笑顔は下町気質のような人情味にあふれ、
見ている者を眩しい光の中に連れて行ってくれます

そして歌い始めて、
すぐに自分の中でそうかと思う部分が・・・
ブルースとかジャズとかそういったジャンルではなく
八代亜紀さんというジャンルなんだと・・・
ブルースを歌っていても、ジャズを歌っていても、英語の歌詞を歌っていても、
音楽のジャンルを超えて存在しているんだと・・・

今から30年ほど前、私がアシスタントをしていた頃、
八代亜紀さんの撮影で香港、マカオへ同行させて頂いた事があります
何をしていいのかわからず、唯一何を言われてもいいように
一番大きなウエストバックを腰につけて一生懸命動けるようしてました。

そのときに八代さんに
『すごく大きくてそのウエストバックいいね。これからも頑張ってね。』
と暖かい言葉をかけて頂いたのが当時、最高に嬉しかったです。。
当時の人柄が、思い出が、自分の中でよぎりました。
最高の夜でした。

ちなみに11月27日より4週連続でyoutubeにてブルーノート東京の模様がアップされるようです。
八代亜紀「Give You What You Want」(LIVE)

ブログの冒頭で頭の中でぐるぐるしているフレーズは
ブログタイトルの『命のブルース』という曲の『産まれた』というフレーズです。

re_P1V2078

今日は自分の好き勝手にお付き合いして頂きました。
最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました。

ページの先頭へ