お名前ランキング2007

お名前ランキング

マタニティフォト以外のことでも何か妊婦さんのお役に立ちたい …という思いから当スタジオスタッフが調べました。

2007年の男の子1位は「大翔」くん、女の子1位は「」ちゃんでした。

 

男の子のお名前ランキング
1位 大翔
2位
3位 大輝
4位 翔太
5位 悠斗
5位
7位 優太
7位 優斗
9位 大和
10位 健太
女の子のお名前ランキング
1位
2位 さくら
2位 優奈
4位 結衣
4位 陽菜
6位 七海
6位 美咲
8位 美優
9位 ひなた
9位 美羽

 

2007年の名付けの傾向・出来事

男の子のお名前で「翔」という漢字は不動の人気ですね!
ちなみに読み仮名では、「はると」くんが圧倒的人気、
「ゆう」のつく読み仮名も多数ランクインしています。

女の子のお名前には、お花をイメージするものが人気のようです。
また、「菜」や「奈」などのほか、ひらがなのお名前も人気があります。
女の子らしくて可愛らしいですよね。

2007年には第1回東京マラソンが開催されました。
大会当日で満19歳であることが参加資格のひとつ… この年に
生まれた赤ちゃんが、東京マラソンで走るのは2026年ですね。

この年、第11回世界陸上競技選手権大会も大阪で開催されました。
2年に一度のこの大会が日本で開かれたのは
1991年の東京大会以来、16年ぶりとなります。
公式マスコットキャラクターは「トラッフィー」。
大阪芸術大学の学生さん(当時19歳)によるデザインで、
トラック&フィールドをもじって名付けられたんだそうです。
阪神タイガースのトラッキーとは無関係だったんですね(笑)

アメリカ大リーグのオールスター戦では、
マリナーズのイチロー選手が日本人初のMVPを獲得。
同じ年の5月には、シーズンを跨いでのアメリカンリーグ連続盗塁成功記録を
45まで更新しています。

5月に開催された男子プロゴルフツアーでは石川遼選手が
史上最年少で優勝を飾りました。 当時15歳8ヶ月でした。
2007年に発足した「チーム・ジャパン・ジュニア」のメンバーでもあり、
この年、一躍注目を集める選手となります。
「ハニカミ王子」という愛称は2007年の流行語大賞にもなりましたね。

1月9日、防衛省発足。1950年に前身である警察予備隊本部が発足され、
その後、保安庁、防衛庁を経て省に昇格しました。
また、2007年は郵政民営化の年でもありました。
10月1日、民営と分社化に伴いに本郵政公社は解散され、
郵便・簡易保険・郵便貯金の郵政三事業が民営化されました。

郵政といえば、ご存知でしたか?
1948年から2007年3月まで、日本の小学校や中学校には
「こども郵便局」という窓口が設けられていました。
封筒型の模擬通帳を入学時にもらって、主に修学旅行や学校行事の費用を
積み立てるために利用されました。

中学校への進学資金として払い戻されたりしていたようです。
受付などの業務は生徒さんが担当して、窓口を閉めたら学校職員の方が
郵便局にある学校名儀の通帳に記帳するといった、学校と郵便局との連携でした。
郵政民営化を前に、2007年3月をもって全てのこども郵便局が閉局・廃止されました。

山中伸弥氏が科学誌「セル」でiPS細胞の論文を発表して世界中から
注目されたのも2007年でしたね。
ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)の樹立に成功、
5年後の2012年にはノーベル生理学・医学賞を受賞します。

 

ベビーフォトギャラリーはこちらから