マタニティライフ・妊娠後期における服装について

マタニティファッションを楽しめる妊娠後期

妊娠後期になるとお腹が大きくなるので着る服にも悩むかもしれません。
でも、この時期ならではのマタニティファッションを楽しめるのも妊娠後期です。

最近のマタニティ服はカラーや柄もとても豊富です。
特に多くのプレママさんが愛用しているのはワンピースです。
マタニティ服としても販売されていますが普段のワンピースを
そのまま愛用している方も多いようですね。

 

お腹を冷やさないことが大切

ゆったりしたワンピースも冬になると体を冷やしてしまう恐れがあるので、
冷え対策にはマタニティレギンスがお勧めです。
妊娠後期になってもお腹を冷やさないことが大切です。

また、腹巻や厚手のソックスなどで防寒対策をしましょう。
冬は暖房の効いた室内と寒い外との気温差がありますから、
羽織ったり脱いだりしやすい重ね着で温度調節してください。

 

美容室へ行く場合

妊娠後期、子育てが始まる前に美容室に行っておきたいという方も多いでしょうね。
お腹の大きくなるこの時期はシャンプーのときの
体勢や椅子に長時間座っていることが辛くなってきます。
できればお腹の小さなうちに行くのがお勧めですが、
やはり綺麗になって出産に臨みたいですものね。

ずっと同じ姿勢で椅子に座りつづけていると腰が痛くなってくるかもしれません。
美容室でクッション(なければ膝掛けなど)を借りて腰枕にして
当ててみてください。少しは楽になりますよ…。

お腹に赤ちゃんがいることを美容師さんにも理解してもらって
快適な時間をすごしてくださいね。

 

避けたいこと

お腹が大きくなってくると足元が見えづらくなるので
かかとの高いハイヒールや脱げやすいサンダル、紐を結ばないといけない
スニーカーなどは避けましょう。
履いたり脱いだりが楽なムートンブーツやローファー、バレエシューズ、
パンプススニーカーなどがお勧めです。

またネイルも検診で触れられることもあるので、
かかりつけのお医者さまによっては禁止されるかもしれません。
妊娠後期になるとファッションでも不便なことがありますが赤ちゃんのためでもあります。
少しの我慢も必要になってしまいますが、お腹の赤ちゃんのためなら頑張れますよね。

 

さいごに

マタニティファッションは一目見ただけでプレママさんとわかってもらえるので
周囲の人も手助けや配慮がしやすくなります。
できるだけ愛用してほしいと思います。
これまで通りの普段着を楽しみたいという方も、
体を冷やさないように気をつけてくださいね。

妊娠してからお洒落ができなくなったと感じる方もいるかもしれませんが
アクセサリーや小物はこれまで通りで構いません。
またワンピースは妊娠後期だけではなく普段でも着られるものを選ぶと長く愛用できます。
ちょっとした工夫をしながら、ぜひマタニティファッションを楽しんでくださいね。