ヘルマンハープ

スタジオモーツァルトの中森です。
今日の表参道は暖かくて気持ちのいい一日でした。

お昼に買い物がてら外に出て、
以前から気になって仕方がなかったお店に
ふらっと立ち寄ってみました。



皆さん、“ヘルマンハープ”ってご存知ですか?
いまから25年前にドイツで生まれた楽器です。

017.JPGドイツのヘルマンさんという人が
障害をもつ息子さんでも楽しめる
ように…との思いから開発した
という弦楽器です。

弦と表板の間にオリジナルの楽譜を
挟んで奏でます。

写真ではわかりづらいですかね…
○や●の印にあわせて弦を弾くので
初心者の私も演奏できました♪
チェンバロのような音色です。

018.JPGサイズもいろいろ。

小さなお子さんからシニアまで
五線譜がよめない方でも楽しめる、
まさにバリアフリーな楽器だそうです。

表参道駅からスタジオモーツァルトへ
向かう途中の、無印の角をまがって
程なく左手に、ガラス張りの
ショールームがあります。

土曜日に無料のミニコンサートが頻繁に開催されていますので、
表参道へお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。
※席の予約や日時のお問い合わせなどはこちらへどうぞ
ヘルマンハープ青山店 03-6427-1598
 
今回、撮影や記事のアップに快くご理解・ご協力くださった
ヘルマンハープ青山ショールームのスタッフの皆さま。
本当にありがとうございました。

このヘルマンハープの誕生や、日本での普及にあたっては
とても素敵なエピソードがあるんですよ。
詳しくは青山ショールームの方に聞いてみてくださいね。

音楽って素晴らしいですね。
聴いても演奏しても、心が和みますよね。
胎教や、お子さんの情操教育にも大いに役立ってくれますし。

私も頑張って、ヘルマンハープを
いつか我が家に連れて帰りたいです。

さて・・・
土日だけでなく平日も、突然のお申し込みが相次いでます。
やっぱり赤ちゃんからのメッセージですかね。

お腹に赤ちゃんがいるママにしか体験できない
不思議な出来事も、いろいろ伺ってます。
いつか機会がありましたら、こちらでご紹介しますね。

それではまた・・・