メンディ

こんにちは。
スタジオモーツァルトの中森です。

昨日のことですが、電話でお申し込みくださった方から
とても興味深いお話を伺いました。

初めてお話するお客さまに、いただいた電話にも関わらず
かなり長々と質問してしまったんですが(汗)
とても親切に詳しく教えてくださいました。

このブログをもし読んでくださっていたら…
昨日は本当にありがとうございました!

あれから私もいろいろ調べてみました・・・

「メンディ」

ヒンドゥー語で
「ヘナで肌に模様を描く」、「ヘナで肌を染めたあと」
という意味だそうです。

ヘナタトゥーという言葉は知っていたんですが
もとはメンディというんですね。

女性のお祝いごとと密接に結びついたものだそうです。
単なる化粧としてだけでなく、結婚や妊娠など
女性にとって大切なときに特別な想いをこめて施すものらしいです。

以前、マタニティフォトの撮影前に
このメンディをお腹に施してこられたお客さまがいらっしゃったので
赤ちゃんに願いをこめて…という意味では理解していたつもりでした。

ヘナには神様の祝福や恩恵があると考えられていることから、
花嫁さんや、妊娠中の女性とお腹の赤ちゃんを
邪悪なものから守るという意味合いを持つものだとか。

昨日お話した方は、妊娠中という神秘的な時期に
メンディを施すことを決意して、それならば…と、
マタニティフォトを撮影することにしたんだそうです。

ヘナタトゥーとしては、いまはもっとカジュアルなもので、
男性も楽しめるものになってきているそうですが、
知れば知るほど神秘的で神々しいものだったんですね。

マタニティフォトも同じくらい神秘的なものとして
改めて考える機会をいただきました。

2p3.jpg