マタニティフォトがきっかけで知った埼玉

つい最近の出来事です。
いつもマタニティフォトやベビーフォトの撮影を
お願いしている写真家さんのお話。

その日、プライベートでお友達と出かけた写真家さんは
同じエスカレーターで小さなお子さん連れのママさんと
乗り合わせたそうです。

可愛らしい赤ちゃんに手を振ると
赤ちゃんもニコニコ笑顔を返してくれました。

その様子に気づいたママさんとも軽い挨拶を交わしつつ
「可愛いですね、7ヶ月くらいですか?」
と声をかけたところ
「明日でちょうど7ヶ月なんです!」
と驚きながら赤ちゃんの月齢を教えてくれたんだとか。

ピンポイントで月齢を言い当ててしまう写真家さん、
相変わらずビックリです!

ちなみに、マタニティフォトの撮影にいらしたプレママさんたちの
お腹の赤ちゃんの性別もよく当ててます。
的中率なんと8割強!

これまで何年間も、何千人ものご家族を撮影してきた経験ですね。
いまではマタニティフォトやベビーフォトの撮影中も
まるで両親学級のような話題で盛り上がってます(笑)

私もスタジオモーツァルトのスタッフのひとりとして
マタニティフォトに携わるようになって3年、
これからも経験を積んで皆さんのお役に立てるように
ますます精進していきたいと改めて思った次第です。

お役に立てるといえば・・・

先日、HPにお役立ち情報を追加しましたが
本日もまた新たに1ページ増やしました♪
よろしかったらお立ち寄りくださいませ・・・

今後も新しい情報を随時アップしていきますね。
現在もいろいろと調べている最中なんですが
そのなかで心ときめいたのが埼玉県!

いまから遡ること10年、
2003年にさいたま市が政令指定都市に移行しましたね。

さいたま市では昨年の12月、全ての区役所に
保育コンシェルジュが配置されたんだとか。
お子さんの保育を希望される保護者の方への
情報提供や支援などをおこなっているそうです。

各区役所の支援課にいる保育コンシェルジュの方が
保育施設やサービスの利用に関する相談や
保育所に入所できなかった場合のアフターフォローなど
いろいろな手助けをしてくれるようです。

興味が湧いたのでさいたま市のHPをあちこち見てみました。
子育てに関する援助がかなり充実していますね。
埼玉県、私も家族が増えたら住みたいと思いました。

東横線・東京メトロの直通運転開始で
埼玉と表参道も近くなりましたよね。
余裕で通勤圏内です♪

埼玉県にお住まいのプレママさんも
お気軽に表参道にいらしてくださいね。

マタニティフォト以外のお役立ち情報・妊娠中期における体のケア

system_logo.jpg