Useful

海外の最新ベビーカー情報

Date:2016.09.21
Category:マタニティお役立ち情報

人気のランニング用ベビーカー_01

前回のベビーカー特集では、
「乳母車/バギー/ベビーカー」の違いについて書きましたが
今回は海外の最新ベビーカー情報も含めてご紹介いたします。

・ランニング用ベビーカー

産後は育児と家事で大変な毎日だけど運動もしっかりしたい!という人の為の強い味方。
ジョギングしながらベビーカーを走らせることを「バギーラン」と言うそうです。
「ベビーカーでランニング」を略してベビランと言ったりもするみたいですね!

既に欧米では一般的になってきてますがまだまだ日本では見かける機会が少ないです。
欧米に比べて広い公園が少ないというのも普及しにくい理由と思われますが
おそらく一番の理由は「危なくないの?」という安全面を心配する部分ではないでしょうか。

もちろんランニング用に普通のベビーカーを使用すれば危険ですが
ランニング専用のベビーカーはたくさんの工夫がなされていますよ!

人気のランニング用ベビーカー_01

 

先が尖っていて大きな車輪が三角形に付いているのが特徴です。

ハンドルには自転車のようにブレーキがついているので、
もしもの時は即座にブレーキをかけられます。
その際の衝撃も吸収できるような作りになっています。

ジョギング用というだけあり通気性もよく暑い時期でも赤ちゃんが快適に過ごせて
寒い時期にはクッションで蓋をするように外気を遮断できるタイプのものもあり一年を通して使用できます。
生後6ヶ月以降の首が座った赤ちゃんから乗せて走れるそうです。
バギーラン押す/引っ張る

 

右側写真がバギーラン中の様子です。
お子さんはとても優雅な表情してますね!快適そうです。

左側の写真はなんとハンズフリー!でバギーランができちゃうウエストベルト。
ウエストに付けたベルトとハンドルが繋がっていて微妙な体の動きも伝わってくれるんだとか。
方向転換するのは慣れるまで難しそうですが、やっぱり走るなら腕をしっかり振りたいですもんね。

 

・KidRunner 押さない!引っ張るベビーカー

引っ張るベビーカー

これまたびっくり!ベビーカー界に全く新しい風を吹かせたのではないでしょうか。
なんと押すのではなく引くベビーカー!
なかなか見慣れない形に興味深々になりますが、
本格的にランニングしたい方にオススメのベビーカー。

ベビーカーとランナーの間にある少し固めの繋ぎがクッションになり
子供への衝撃を抑えているようです。
動画を見てみるとやはり押すベビーカーに比べるとアップダウンの動きがあるので
使用するならお子さんの年齢を考えながらのほうがよさそうですね!
3~5歳頃のお子さんであればお互いに楽しい時間を過ごせそうな気がします。

以上ここまでランニング用ベビーカーについていかがだったでしょうか。
私は今回この記事を書くなかではじめてランニング用ベビーカーについて詳しく知れたのですが
それまではちょっと危ないかな?というのが正直な気持ちでした。
ですがルールさえしっかり守れば安全に楽しく使えるものだと今は思えます。

どうやらレンタルやバギーランスクールなどもやっているようなので
気になった方はぜひお試しください⭐︎

・自転車ベビーカー!

自転車ベビーカー

ベビーカーがたった20秒で自転車に早変わりする優れもの!
スーパーやカフェまでは自転車、店内ではベビーカーで移動できますね。
日本だと圧倒的にいわゆるママチャリに子供用のシートを取り付けて走る方が
多いと思うのですが時々、お買い物の荷物をハンドルにひっかけて
今にもこけてしまうんじゃないかと心配になるほどグラグラ運転の方を見かけたりしますが
これなら安定した運転ができそうです。シートを取り付ければ2人の子供を乗せることも可能。
日差し避けや雨避けシートなどもついているので天気の変化にも柔軟に対応できますね!
シートの高さが低いのっていいですよね。
この自転車ベビーカーで転倒することはあまりなさそうですが万が一そんなことになったとしても
赤ちゃんと地面の距離が近いため怪我のリスクを最小限に抑えらそう!
お値段は決して安価ではありませんが利便性や安全性、6~7歳くらまで使えることを考えると
お得なのかもしれません⭐︎

寒い地域のベビーカー

その他、寒い地域のベビーカーはまるでカンガルーのお腹のポケットのよう。
寝袋のように足先まで包み込む形をししていました。

寒い地域のベビーカー

 

これは赤ちゃんも安心してすぐに眠っちゃうそうですね。
真ん中の写真は取り外した後の様子です。赤ちゃんが眠ってしまっても
取り外して屋内に入れるのはとても便利です。

以上ここまで最新のベビーカーや、国外のベビーカーについて書いてみました。
私自身、ベビーカーについて調べながらこんなのもあるんだ!と好奇心をそそられました。
ニーズに沿って造られる商品もまた愛があって素敵ですね。

併せてこちらの記事もよければどうぞ
「乳母車/バギー/ベビーカー」の違いについて・・・・

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ページの先頭へ